演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    今週の新潟市市民活動支援センター(NCCTニコット)
    0
      こんにちは。土曜日担当、横山です。
      背中を痛めています。
      朝、目が覚めたら痛めてました。しばらく身動きがとれず、時間をかけて横向きになり、這いずり出るようにしてようやく布団から出ることができました。
      屈んだりすることはもちろんのこと、ちょっとうつむくぐらいでも激痛が走ります。腕を上げても激痛。振り向くなど論外。制約感満載です。でも不思議なことに子どものたかいたかいはできるんですなぜか。
      あまりに痛いのでこれから針を打ってもらいに行ってきます。

      さて、週末に新潟市市民活動支援センター10周年記念祭に行ってきました。
      みなさん、ご存知ですか「新潟市市民活動支援センター NCCT(ニコット)」
      https://www.shimin-ouen.com/
      西堀6番館ビルという建物にあるんですが、えんとつシアターの前の通り(新津屋小路)を西堀方向に、古町モールを越え、とんかつ太郎の隣のビルです。その3階にあります。
      外からは看板も出ていないと思うので知っている方も少ないかと。しかしけっこう穴場です。つくつなはよく利用させていただいております。
      お芝居をされている方は打ち合わせでも万代市民会館を利用されることが多いかと思うのですが、部屋が埋まっていることが多いんですよね。支援センターは部屋が取りやすいです。団体登録と予約が必要ですが、空いていませんということはほとんどありません。部屋が取れなくてもオープンスペースがあってそこで打ち合わせすることができます。芝居の稽古はできません。
      そして一番のお薦めポイントが、西堀地下駐車場駐車料金が利用時間分免除になるということです(最大4時間)
      駐車場代がかかりません。そしてなんと駐車場からローサを通って建物に入ることができます。雨雪の心配ありません。
      輪転機もあり仮チラシの印刷もできます。夜10時まで開いています。

      ということで、10周年記念祭の話を。
      子どもと一緒に行ってきました。堅苦しい場ではなくアットホームな雰囲気でした。衆議院選で暇だという市長の挨拶があり、ホームページに真っ先に出てくる愛称とロゴの発表があり、そして良寛さんの紙芝居が!
      すみません画像取れませんでしたが、良寛さんの紙芝居よかったです。息子が熱心に見てました。内容がわからなくても見入ってしまうぐらい。
      記念祭の後半にはおでんもふるまわれ、おでんをほおばりながら歓談しました。

      写真のながーい棒は箸です。「1mの箸で食べる」(自分で食べることはできない、誰かがだれかに食べさせてあげる)という登録団体のデモンストレーションでした。

      職員の方々が親切で気さくな方ばかりで、えんとつシアターどうですか?とか気にかけてくださっています。支援センターは市が設置していますが、運営は協議会が行っています。だからでしょうか、同じ目線で見てくれているという雰囲気が伝わってきます。とても使いやすくて、もっとたくさんの方に知ってほしいのですが、かといって利用者が多くなって使いづらくなってもやだなと思いながらブログに書かせてもらいました。つくつなは今後もお世話になります。よろしくお願いします。
       
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 横山泰之 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      今週のカタコンベさん小屋つき
      0
        こんばんは!土曜担当の横山です。もうすでに22時を回り急いで記事を投稿しないといけません。
        とりあえず本題に入りましょう!
        もう、明日で千秋楽を迎える劇団カタコンベ公演「嘘は鏡に映っても嘘」、先日小屋つきで行ってまいりました。

        相変わらず画像があまり良くないですが本番前の受付ですね。この回はBキャストで黒江さんが衣装を着て移動しています。
        このときはまだ和やかな雰囲気の受付周辺だったのですが、このあと開場したのち、膨大な人数のお客さんが受付になだれ込み、クローク担当だった僕は死に物狂いでお客さんのコートと荷物をさばいていたのでした。


        スマホカメラのせいでぶれていたり顔がかげになっていたり、さんざんな感じの写真で本当に恐縮です。
        中央のピースをしてくれている女の子、今回出演している中島さんなのですが、わかりますかね?
        せっかくポーズをとってくれたのにゴメン!
        左のショートの女の子は西屋さん、右の女の子は吉田さん、奥のブレブレ長身男子はAキャスト出演の坂田くんです。
        もう、いろいろ残念でならない画像です。
        カタコンベさん、とにかく女の子が多いです。男子、もとい僕はもう中年なんで男性ですか、このとき会場にいた男性はたった5人しかいません。受付なんて坂田くん、西田さん、僕、のみですよ。華やかすぎです。

        坂田くん、ポーズとってくれてありがとう!坂田くんは頂き物係でした。「いただきもの係」って「いきもの係」に似てますね。
        2日間小屋つきで入ったんですが、2日とも坂田くん受付に立ってて、うっかり「今回坂田くん受付かー」と思ってしまった。そんなことない。坂田くんは立派にAキャストで出演しているのです。僕はBキャストしか見なかったので、坂田くんの演技を見ていないのですが、受付では穏やかな彼、舞台で演技するとどうなるのか、ちょっと想像がつきません。



        受付の奥に置かれた、くまさんと鏡と草花。観劇後に改めて見ると、舞台を予言しているかのようにも思えてくる。


        はあ、ブレブレ。3日目にクロークをお手伝いしてくれた鈴木華七さん。準備に余念がないです。冬のクロークは大変です。みなさん絶対にコートを着てきますからね。

        先週のブログでカタコンベさんの雰囲気に飲みこまれてしまいましたと書いたんですが、今回は和やかな雰囲気で(でも開場中は忙しさに死ぬ思いでしたが)小屋つきさせていただきました。キャストさんたちも本番前後はリラックスした感じで。しかしこの和やかムードと研ぎ澄ましたキレッキレの舞台とのギャップに改めて衝撃を受けた次第なのです。坂田くんもいわゆる「化ける」のでしょう。見てみたかったけど、日曜のAキャストはすでに席が埋まっているとのことです。残念。
        まだご覧になっていない方、日曜18時から追加公演があるとのことで、ぜひ観劇をおすすめします。

        http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=46608

        あと、今回受付から劇場内へスムーズに移動していただくために、開場前から整理券を配付させていただいています。
        予約していただいた方は整理券の順で劇場内にご案内しているため、よい席で見たいという方は早めに来ていただくことをお勧めします。

        最後に。

        来週、12月19・20日、えんとつシアターでマジックライブがあります。アメリカで公演を行ったり国際大会で優勝したりとワールドワイドに活躍されていらっしゃる方です。 ぜひぜひご来場ください。

        『渋谷駿 Xmas Magic Live 2days』
        【日時】12月19日・20日 開場18:30 開演19:00(両日共)
        【場所】新潟古町えんとつシアター
        【料金】¥1500(前売り)/¥1800(当日)
         オフィシャルホームページ http://www.p-syun.com/

        只今23:50。なんとか間に合ったか?
        ではでは〜。




         
        Posted by : 創るつながるプロジェクト | 横山泰之 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        今週の古町界隈
        0
          みなさんこんにちは〜。ブログの土曜日を担当することになりました横山です。たすきが繋がれてついに僕の順番が回ってきました。よろしくお願いします!
          さて、古町のちょっとしたことを書こうと思ったら、なんと小山さんが先に書いているじゃないですか!被ってます!どうしよう。早くも方向修正を迫られている状況ですが、今回は古町のことを書きます。画像も撮ってきたことだし。
          昨晩の古町はクリスマス色が漂っていました。

          アーケードのお店はツリーを飾り、上には大きなリボンが飾り付けられています。
          このリボンなんですが、目を凝らしてよく見ると、何か書かれています。
          アートプロジェクトで商店街を訪れた人たちからイラストなどを描いてもらったものだそうです。写真では全然わかりませんね!

          えんとつシアターのビルに入っているお店のショーウィンドウもクリスマスディスプレイされています。


          先週末からカタコンベさんが劇場入りしてまして、受付の様子など画像に収められるかと思って行ってみたら、、、思いっきり受付スペースで稽古してらっしゃいました。

          「この上に、乗らないでください!」の先には実は戸中井さんがいらっしゃいまして、めっちゃ稽古をつけていらっしゃったのですが、あまりに集中されていらしたので「写真を掲載してもいいですか」とも聞けず、こんな画像になってしまいました。
          前回のアンダンテさんのときが和気あいあいとしてたので、今回もそんな感じだろうと思って入っていったらかなり濃い状況で気圧されてしまいました。よく知っている熊倉さんとかもいらっしゃんたんですが、なんか気安く声をかけれない感じです。
          これは本番どんな世界が展開されるんだろうと、もう今から楽しみです。
          そんなわけで、古町とえんとつシアターを浅く取材して帰ってきました。

          最後の写真は愛妻と愛息子です。古町の富士屋というパン屋さんで二人にパンを買ってきてカメラに収まってもらいました。我が家でちょっとしたブームになってます。富士屋さんのパン。
          そんなわけで、今日はこのへんで。来週はテーマが変わると思います!
          Posted by : 創るつながるプロジェクト | 横山泰之 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          TOP