演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 【『流血サーカス』を観てきました】 | main | 来年のえんとつ王について >>
    『第三回えんとつ王決定戦』に参戦してきました
    0
      月曜担当の後藤です。
      GW中、我が所属劇団@nDANTEはまたしてもえんとつ王に参戦しました。
      結果から言えば念願のえんとつ王になることができて今も祝杯をあげたい気持ちです。
      観に来てくださった方々、票を入れてくださった方々、ありがとうございました!
      本当にありがとうございました!

      今回も性懲りもなく、少ない時間の中で稽古しながら、ちず屋でうどん食って、休んで、演劇の話して本番を迎えました。
      稽古期間はわずか3日。時間に換算するとさらに減ります。そんな中@nDANTEが今年のえんとつ王になれたのは、運や実力ではなく台本の出来が影響していると思います。
      いや、他の団体さんよりうまく出来ているとかではなく、そこに地ならしされた価値観があったかどうかに左右されるんじゃないかと。
      審査員の方々の講評に出てきた様々な改善点や評価点が各台本にもしも備わった状態で今回のえんとつ王決定戦が始まっていたら結果は多かれ少なかれ変わっていたはずです。

      つまり僕が言いたいのは、この大会で何より要になるのは稽古期間でもなければ演出のセンスでもなく、まず面白い台本があってのスタートラインなんだということです。
      そりゃ、演出の圧倒的なセンスや役者の惹き付けられる個性や一瞬で台詞を覚える記憶力なんかがあれば余裕だとは思います。
      でもこの大会は台本を審査する大会なのだから、結果はどうあれ何から何まで原因になるのは台本。それだけです。
      そうでなければたった3日で優勝できたことの説明がつきません。

      まあ他にも客演の市井さん、ほーけんが頑張ってプレッシャーに抗ってくれたという大きすぎる要因があるんですけどね。
      市井さん台詞量明らかにダントツだったし、ほーけんは初めての@nDANTE客演がよりによってえんとつ王だったしで、本当に二人ともお疲れ様でした。
      一緒に長久手に行けるのが夢のようです。
      二人のおかげで今日もうまい酒が飲めます。

      なので新潟の皆さん、稽古期間がないことは言い訳にできませんよ。
      色々な理由で時間が作れない辛さはわかりますが、台本が良ければわずかな時間でも最高のチャンスになるかもしれないことを、少なくとも僕は今回のえんとつ王決定戦で確信しました。
      でもだからと言ってここで慢心せず、長久手でいい芝居をするための時間作りと自分の研磨を課題にしてこれからに備えます。

      次にえんとつ王がある時はもっともっと出場団体が増えることを願って。
      その時はもちろん@nDANTEも参加します。
      勝ち逃げはしません。
      えんとつ王として受けてたちます。

      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 後藤忠彦 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:06 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/469
        TOP