演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
<< えんとつ王2017開催のご案内 | main | えんとつ地下闇市開催! >>
第3回えんとつ王決定戦開催!
0

    GWの風物詩!
    今年も開催します「えんとつ王」。
    第三回は一発勝負!
    新潟1の短編を上演するのはどの団体だ?
    乞うご期待!

    【えんとつ王とは?】
    2015年5月にえんとつシアターにて開催された短編芝居のフェスであり、お客様と審査員の投票によって、一番面白いオリジナル作品を決める新潟版の劇王決定戦。

    【劇王とは?】
    日本劇作家協会東海支部と長久手文化の家が、2002年よりプロデュースしてきた短編演劇コンテスト。
    観客と審査員の投票によって勝敗が決められる。
    2013年2月、開催10周年を記念して北海道から九州まで、全国各地の地区チャンピオンが集結し、天下統一大会が開催された。
    これをもって長久手での「劇王」は一旦休止となったが、「劇王」は日本各地に飛び火し、2015年2月、KAAT神奈川芸術劇場にて天下統一大会が開催。

    【開催日】
    2017/5/6(土)14:00〜

     

    【会場】

    新潟古町 えんとつシアター

    (〒951-8065 新潟県新潟市 中央区東堀通6番町1051-1)

    【出場団体】
    イチニノ
    劇団@nDANTE
    蒲原ファンタジア
    演劇大学院にいがた

    【料金】
    予約・取置き:1,500円
    当日:2,000円

    【上演ルール】
    ・オリジナル脚本であること
    ・上演時間20分以内/役者3名以内
    ・基本舞台は奥行き3間×間口3間(予定)
    ・数分で転換できる舞台セット
    ・照明は統一プラン(要応談)

    【投票方法】
    ・観客と審査員の投票による。
    →観客票は1票。
    →審査員票は各公演の入場者数÷審査員の人数。
    例:入場者数50人、審査員2名の場合、
    50÷2=25が審査員の持ち点となる

    【審査員】
    市川明美氏(月刊ウインド)
    平塚直隆氏(オイスターズ)

    【お問合せ】
    えんとつシアター(逸見)
    電 話:070-6479-2927
    メール:entotsuou@gmail.com

     

    【予約フォーム】

    http://bit.ly/entotsuou

    Posted by : 創るつながるプロジェクト | つくつな | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 11:50 | - | - | -
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/466
      TOP