演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 『新潟で戯曲を読む会』の小屋つきをしてきました | main | 『この世界の片隅に』を観てきました >>
    『野生のなまはげ』を観てきました
    0
      月曜担当の後藤です。
      昨年12月末、シネ・ウインドで映画『野生のなまはげ』を観てきました。
      僕の去年の作品観賞のラストを締めくくったのはこの映画でした。

      この感想文は多くの批評とネタバレを含みます。
      それでもいいという方だけ読んでください。

      『手塚監督とオレたち』を観に行った帰りに偶然見つけてしまったこの作品のポスター。
      これは観るしかない。
      直感でそう思った。

      内容はとてもハートフルな、少年となまはげの触れ合いの物語り。
      主人公の少年の成長も見所だが、なまはげがただのペット扱いをされているのがかなりシュール。

      〜なまはげの生態〜
      ?鳴き声が「悪い子いねがー」
      ?肉が好物
      ?いびきがうるさい

      作中の彼はご覧の有り様。
      お母さんにも捨てるよう言われる始末。

      しかし、最後の別れのシーンで「泣く子はいねがー」と鳴き声が変わったのは感動した。
      まさか感動するなんて。

      なまはげはただの知性なしのデタラメペットではなく、きちんとそこには友情や愛情のような人との繋がりがあった。
      世界一心温まるなまはげ出演作品と言っても過言ではない。
      観て良かった。

      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 後藤忠彦 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:50 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/459
        TOP