演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
<< 『蒲原ファンタジア戯曲ワークショップ 短編を書いて、えんとつ王決定戦に参加しよう!』に飛び入り参加してきました | main | 『野生のなまはげ』を観てきました >>
『新潟で戯曲を読む会』の小屋つきをしてきました
0
    月曜担当の後藤です。
    先月の18日、えんとつシアターで行われた『新潟で戯曲を読む会 』の小屋つきをしてきました。
    人数の調整で僕も戯曲を読む輪に入れてもらえたのでラッキーでした。

    題材は岸田國士の『五月晴れ』。
    恥ずかしながら読んだことがなかったので、これも読めてラッキー。

    このワークショップは二日間行われ、ただ読むだけでなく作品の背景を調べたり、考察を言い合ったりできる内容。
    好きな人にはたまらないスタイルのワークショップで、二日目から参加した僕でも素直に楽しめました。

    戯曲を一人で読んで一人で考察するのは中々やる機会がないもの。
    誰かとこういう時間を作って戯曲を読むことで、楽しんで作品に触れられるところが一人で戯曲を読む行為にはない魅力。
    演劇を観た後、感想をSNS上に書くような人、誰かとシェアしたいと思うような人に特におすすめです。
    次回がある際は、そういった方々にこそ参加していただきたいと個人的に願う限りです。
    Posted by : 創るつながるプロジェクト | 後藤忠彦 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 20:41 | - | - | -
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/458
      TOP