演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 相変わらずアイは変わらず 今週の1曲。 | main | 観光WS、はじめます。 >>
    走るような速さで、今週の1曲。
    0
      3月も半ば、27年度も終わりです。石川です。
      ・・・最近このブログは私専用のブログになって
      しまっている感があるんですが気のせいでしょうか(笑)



      さて、最近は関係していた色んな公演がひとまず終わり、
      平日の夜など少しずつ時間ができたので勉強を始めました。
      欲を言えばデザインとかAfterEffectの勉強もしたいんですが、
      その前に昨今の「勉強をしない演劇人」が耳に痛いので、
      まずはソッコー県立&市立図書館にいって本を借りてきました。
      タダだよ!タダで3週間も貸してくれる!図書館すげー!

      テネシー・ウィリアムズ「欲望という名の電車」
      アントンチェーホフ「かもめ・ワーニャ伯父さん」
      マイケル・チェーホフ「演技者へ!」
      ソートン・ワイルダー「わが町」

      なかには発行年度が古く、訳が難解なものもありますが、
      けっこう楽しんで読んでます。自分が演出しろとか、
      自分がこの役やれと言われたらどうするか?みたいな感じで。

      あとこれは買いましたが
      フランク・ハウザーら「演出についての覚書き」

      これから読む予定なのが
      河竹登志夫「演劇概論」
      スタニスラフスキー「俳優修業1、2」
      あとはヘンリックイプセンの野鴨とか?(今度坂手先生もやるし)



      でも、意地悪い質問として「で、読んだからなんなの?」
      みたいのもあると思うんです実際。僕だったら、
      「水泳の泳ぎ方の本読めば泳ぐようになれないでしょ?」
      みたいな。そういえば演劇大学で西村先生に飲み会の席で
      スタニスラフスキーシステムについて同じようなこと聞いた気もします。

      ただ、我思うに、書物による知識、特に名書と言われているものは
      料理で言えばレシピであり、オーケストラにおける楽譜みたいなもの、
      だと思うのです。で、実際に楽器としての心身を鍛えることは、
      包丁の扱い方や楽器の演奏技術にあたる。そして色んな演劇を見ることは
      色んなレストランを巡ったり、コンサートに出かけることに似ている。

      だから、色んな演劇を見れば自分のレベルがアップする、とは一概には
      言えないと思うのです。もちろん見聞として必要な要素ではあるのですが、
      例えばラーメン屋を始めるとして、色んな美味しい店をしってるから、
      自分が美味しいラーメンを作れるかはこれまた違う話ですよね?

      まずラーメンとはそもそも何ぞや?どうやって作るの?ということは
      いわゆる世界の常識・教科書、(メソッドや演劇史)をしり、
      技術を体得し(心身のトレーニング)そして創造することではないかと。

      そしてここで重要なのが、書物で得た知識は最終的に忘れると言うか、
      意識を無意識に刻み込まないといけない。頭でやる演技ではいけない。
      だって料理する時いちいちレシピ広げる三ツ星シェフはいないですよね?
      ピアノの演奏だって、暗譜するくらい〜というやつです。
      でもそのバックボーンとしてちゃあんとそうゆうもの(メソード)がある。

      演劇好きでやってるなら、きちんと勉強もするべきと思うわけです。
      勉強しないと演劇できないとかそうゆう事を言ってるんじゃなくて、
      なんつーかなー、演劇好きなんでしょ?じゃあ演劇知ろうよ、みたいな?



      マア、自分もちょっと勉強を始めた位でいい気になってしまわぬよう、
      これからも精進したいと思います。・・・まずはあと3kg痩せよう。
      走るぞ、俺は走る。もともと長距離走は嫌いじゃないんだ。
      というわけで昨日は30分で5km走りました。すげえハアハアしたけど。
      最初は4kmくらいかなと思ってGoogleMapで測ったら5kmでした。
      ・・・いける!俺はまだいけるぞ!


      それでは今週の1曲に参りましょう。
      映画『踊る大捜査線』より「moon light」



      大学時代マラソンの時聴いていた曲です。
      事件は会議室で〜の時に流れるあまりにも有名な曲ですね。
      緊迫感と必死間で否応なしにペースが上がります。
      本当はイヤフォンしながら走るのは危ないのであまりお勧めしませんが。

      ではまた、次の1曲で。
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 石川直幸 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 22:31 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        TOP