演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 遡上せよ、今週の1曲。 | main | 第二回えんとつ王参加団体募集! >>
    明けの近づく、今週の1曲。
    0
      VS霞が関は2勝1負でした、石川です。

      もちろん知ってると思いますが魔法使い○リキュアが始まりました。
      予告でもう可愛いし、ほっちゃんホアーッとしても期待値がMAXですね!

      え・・・期待値がMAX?
      期待値がMAX!!MAX!!MAX!!MAX!!みんなで演劇 テンションMAX!!!!!!!

      ・・・えー、いきなり交差点で出会いがしらの事故に遭ったような感覚で
      記事が始まりましたが、元ネタはチヒロブルースのブログ、
      舞い上がる。の、この記事でも読んでください。

      ちなみにプ○キュア友達の逸見さんが風邪でまだ見てないので
      自分もまだ見てません。野菜と果実をモリモリ食べて早く治しましょう。
      本番が近いので体調にはいつも以上に気を使わなければいけません。
      寒いですがだいぶ日は長くなってきました。そろそろ冬も終わりですね。
      冬の一番いいところは終わった後やってくるのが春だと言うことですよね。
      何を言ってるわからないと思いますが、自分でもなんかよくわかりません。
      あー、雪が舞うのが終わった後に舞うのが桜でよかったなということです。


      さて刻一刻と春が近付く中、まずはこの動画をご覧ください。



      これ、山形にある東北芸術工科大学の卒業製作作品で、しかも実は
      妹もその大学に通っており、コースの同級生と言うではありませんか!
      というわけで観にいってきました。撮影NGだったので写真はないです。
      妹の作品は波状の木板をパイシートの様に何層も重ねたクッションでした。

      「プロック」と名付けられたその作品には、マスコミ効果か大勢の人が
      詰め掛けていました。製作者の彼もその作品の前で会えました。
      作品は思ってたよりも小さかったです。直径40cmくらい?
      そのぶんかえって精巧な作りの迫力がありました。

      「なんでこうゆうものをつくったんですか?」(←失礼)
      「機械が字を書いたらおもしろいなと思って・・・」

      妹に話を聞くと、彼はまさに天才と変人は紙一重と言うやつで、
      服は白と黒しか着ない(確かにそうだった)チケットの買い方や路線が
      分からないため、一人では新幹線に乗れない、という珍エピソードが。
      なんで?と聞くと作品のことで頭が一杯で他の事を考えている暇はないと。

      マルチタスクばっかりの私のような人間にはこうゆう生き方はできない、。

      たくさんの閃き、想像力に触れた楽しい卒業展示でした。しかし、
      言っちゃえばセンス・発想だけで金を稼いでいくんだもんな。すげーよな。



      では、今週の1曲です。
      ゲーム「クロノトリガー」より「クロノ・トリガー」



      時計と音楽と言ったらこれですよね!
      しかし20年以上も前だというのにまったく色褪せない勇ましいメロディ。
      名曲、名ゲームにふさわしいオープニングでした。

      さて、あと6時間後には本番に向けて出発の時がちかづいているので
      そろそろ寝ます。おやすみなさい。

      それではまた、来週〜。
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 石川直幸 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:42 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        TOP