演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
<< 月夜を征く、今週の1曲。 | main | イベントぞくぞく、身体もゾクゾク、今週の1曲。 >>
『人狼ゲームinえんとつシアター』開催決定!!
0
    月曜担当の後藤です。
    すでにフェイスブック等で宣伝させていただいておりますが、まだご存知でない方もいらっしゃると思いますので、ブログでも宣伝をさせていただきます。 

    10月31日(土)の21時より、えんとつシアターで人狼ゲームを開催します!

    参加費無料!!

    飲食、途中参加大歓迎!!

    秋の夜長に人狼ゲームを通じて新潟の演劇関係者のみならず、人狼ゲームに興味のある方や、えんとつシアター初入場の方も一緒に楽しむことで親交を深め合えるような面白いイベントとなっています。

    ちなみに今回使用を予定しているのは、株式会社幻冬舎様より発売されている『会話型心理ゲーム人狼(JIN-ROU)DX』です。大人数対応の幅広く遊べるデラックス版で、32枚のカードが入っています。



    元々このイベントは、僕が学生の頃からやりたいと思っており、大人数でやったら絶対盛り上がる企画になると確信していました。

    一応、人狼初めての方もこの記事を見ている前提で説明させていただくと、人狼ゲームの「人狼」は「じんろう」と読みます。

    プレイヤーはそれぞれ村人(市民、人間とも言う)と、村人に化けた狼(人狼)になって、プレイヤー同士で相談をし、誰が狼かを当てます。最終的に残っているプレイヤーの中に狼がいなくなった場合、村人側の勝利となります。残っている村人の数が残っている狼の数と同数だった場合、狼側の勝利となります。

    と、ざっくりと説明したところでこれだけではわからない方も多いことでしょう。

    僕の説明より5ooo倍わかりやすい説明動画のリンクを貼っておきますので、ご確認ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=yuCBA1gUcgQ

    なお、当日もルール説明を行う予定ですので、この動画を見ていない方でもお気軽に参加できます。

    人狼ゲームは今や映画やテレビ番組の企画になるほど注目を浴びている心理ゲームです。
    この機会に人狼の面白さを存分に堪能しましょう。

    皆様のご来場、心よりお待ちしております。


    Posted by : 創るつながるプロジェクト | 後藤忠彦 | 23:06 | comments(1) | trackbacks(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 23:06 | - | - | -
      コメント
      行きまーす!
      | くわばらかずや | 2015/09/30 6:59 AM |










      この記事のトラックバックURL
      http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/361
      TOP