演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 明日からえんとつ王決定戦です | main | えんとつ王、その時なにがあったか。そして今週の1曲。 >>
    今週の実家事情
    0
      こんばんは。土曜日担当の横山です。
      今日からえんとつ王決定戦が始まっています。僕は控室待機スタッフと子守で作品を見れていないのですが、控室にいるだけでも熱気や緊張が伝わってきます。たった20分の短編演劇ですが、そこにかける役者や演出の意気込みはフルサイズの演劇と同等、いやそれ以上かもしれません。出演団体と審査員、観客の熱い真剣勝負です。初代えんとつ王も気になりますが、その真剣勝負を生で観たい、その場に立ち会いたいと思っているところです。

      さて、えんとつ王が気になるところですが、今日はちょっと離れて(だいぶ離れて)僕の実家の話を。
      僕の実家は南区月潟というところにあります。今春から増築することになり、先週、地鎮祭なるものを行ってきました。

      増築するだけだから地鎮祭なんて必要ないだろうと思っていたら、基礎を少し付け足す必要から地鎮祭をやりますとのこと。
      庭に祭壇を作り、地面に土を山盛りし、山のてっぺんに榊(さかき)を挿しておきます。
      上の画像は神主さんに祝詞(のりと)を上げてもらっているところです。
      この神主さん、ご近所に住まれている普通の神主さんなんですが、ものすごく声がいい。高らかに祝詞をあげてもらいました。
      新築でもないんだし、少し恥ずかしいなと思ったんですが、よくよく聞くと、新しい家に幸せが舞い込むようにとか、とてもいいことを言っているのでありがたかったです。
      そのあと、基礎を付け足すところへ向かい、神主さんは塩をまくかと思いきや、紙ふぶきをまいてました。
      そしていよいよ例の儀式を。

      最初に、僕が鍬を持って、小声で「えい、えい、えい」と言いながら、山盛りの土山を崩し榊を倒します。
      そのあと、工務店さんがスコップを持ち、「えい、えい、えい」と小声で言いながら、僕が崩した山を元通りに戻すのです。
      不思議な儀式!
      なんか、自分で穴を掘って自分で埋めるみたいな、無駄な作業の象徴みたいな儀式なんですが、何か意味があるんでしょうね。
      「えい、えい、えい」の掛け声は必須みたいで、神主さんから言ってくださいと言われたし、工務店さんもとても形式的に言っていたので、これも何かしらの意味があるんだと思います。
      小一時間で地鎮祭は終了。

      今日は瓦屋さんが来て、二階を作る部分の瓦を撤去していきました。

      晴れた日にしかできないということで、天気予報をチェックし、今日作業に入ってもらいました。
      このあと足場を組み、材木を運んで上棟式を行うまでずっと晴れていないといけません。屋根がないですからね。
      昨年から計画して、いよいよかという心境です。やっとここまで来たかという心境ですが、えんとつのグランドオープンと
      所属劇団のハンニャーズの稽古場&公演、子ども、家の増築と、自分の許容を越えてすでに嫌気がさしています。
      小さいところでは携帯のキャリアを変えてまだメアド変更メールを送っていません。いろいろ間に合っていないわけです。
      でもやらないわけにはいかないわけだし、少しずつだけど前に進んでいるのでそれで良しとしようと自分に言い聞かせています。
      僕の人生の中ではけっこう大変な時期だと思いつつ、宣伝。

      5月29日〜5月31日 えんとつシアターグランドオープン特別企画
      燐光群「屋根裏」

      これは発明なんだ
      今も誰かがあの屋根裏に立て籠もっている
      そう考えただけでもう一日生きてみようかと思うことができる
      そういう発明なんだ

      世界一小さな舞台空間から発信する「超演劇」。
      演劇を再生させる圧倒的「事件」。

      読売文学賞・紀伊國屋演劇賞[個人賞]
      読売演劇大賞[最優秀演出家賞]受賞。

      東京・ニューヨーク・パリ・ローマ・ウィーン・フランクフルト・ブカレスト・ピッツバーグ・マイアミ・グルノーブル・ソウル・シドニー・ミラノ・マニラ・ジャカルタ等、国内外で絶賛を浴びてきた名作の「オリジナル版」、シビウ国際演劇祭から正式招待を受け本年6月、四度目のヨーロッパ・ツアー。
      批評性、ユーモアと驚きに溢れる衝撃の舞台を、ぜひ体験して下さい。

      スケジュール

      5月29日(金) 19:00 開場 19:30 開演
      5月30日(土) 13:30 開場 14:00 開演
      5月30日(土) 18:30 開場 19:00 開演
      5月31日(日) 13:30 開場 14:00 開演

      各回受付開始は開演の45分前です。
      受付開始時より整理券を発行いたします。
      前売券をお持ちの方、ご予約の方が先のご入場となります。

      料金<全席自由>

      一般前売 3000円
      一般当日 3500円
      U-25(25歳以下) 2500円
      学生以下 1500円

      U-25・学生以下は受付にて要証明書提示
      開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
      未就学児のご入場はご遠慮下さい。

      予約・お問合せ

      えんとつシアター
      電話:070-6479-2927

      燐光群/(有)グッドフェローズ
      電話:03-3426-6294
      メール:ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp

      そして!
      6月6日〜7日 Project.B@ZANTO「SEX KINGDOM」

      ZANTOZANTO

      Project.B@ZANTO(プロジェクト・ビー・アット・ザントー)とは、現在活動休止中の爆男倶楽部のメンバーと、新潟演劇界で現役で活動している仲間で構成されている劇団です。
      「面白ければなんでも演ってしまおう!」をコンセプトに、既存の作品(主に松尾スズキさん)に我々劇団の「らしさ」を体現する様々なアイディアを注入。オリジナルを凌駕する(?)内容に仕上げて皆様に楽しんで頂くことを念頭に、常にベストなパフォーマンスをお見せします。
      あなたもハマってしまうこと間違いなし!是非一度お越しください。

      スケジュール

      6月6日(土) 18:30開場 19:00開演
      6月7日(日) 13:30開場 14:00開演

      出演

      酒井大輔、後藤ヂツ、丸山祐三子 他

      料金

      前売り・当日共通 1500円

      お問い合わせ

      丸山
      電話:080-5072-4705

      2つともヤバイですね!小劇場でなければ公演打てないような演目2つ!
      まさにえんとつシアターの真骨頂だと思います。
      こちらもぜひ!











       
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 横山泰之 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 22:30 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/273
        TOP