演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 新潟古町えんとつシアターは地下ですが、、、!+えんとつ王の予告篇。 | main | 今週のふるまち >>
    劇王企画を新潟で!えんとつ王決定選 出場団体募集
    0
      新潟古町えんとつシアター
      グランドオープン企画・演劇編
      劇王企画を新潟で!
      えんとつ王決定戦
      出場団体募集!

      【日程】
      2015/5/23 (土)・24(日)
      詳細な時間や入場料金等は後日発表します!!

      【審査員】
      坂手 洋二 氏 (劇作家/演出家)
      燐光群主宰、日本劇作家協会会長、日本演出者協会理事
      平塚 直隆 氏 (劇作家/演出家/俳優)
      オイスターズ所属、日本劇作家協会東海支部長
      市川 明美 氏 (編集者/劇評家)
      シネ・ウインド 「月刊ウインド」 制作長

      【会場】
      新潟古町えんとつシアター
      新潟市中央区東堀通6-1051-1
      G.Eビル地下1階
      (新潟駅よりバスで7〜8分/徒歩で約30分)
      (Live Hall GOLDENPIGSテナントビル内)
      県外参加団体の方へ、宿泊施設の紹介・斡旋も行います
      お気軽にお問い合わせください

      【上演ルール】えんとつ王ver.
      ・オリジナル脚本
      ・上演時間20分以内/役者3名以内
      ・基本舞台は奥行き3間×間口3間
      ・数分で転換できる置き道具
      ・音響/照明は統一プラン (要応談)

      【投票方法】
      ・観客と審査員の投票による。
      →観客票は1票。
      →審査員票は各公演の入場者数÷審査員の人数。
      例:入場者数100人、審査員4名の場合、
      100÷4=25が審査員の持ち点となる

      【申込方法】
      申込フォームをお送りしますので、
      以下内容記載の上、下記お問い合わせ先へ
      メールでご連絡下さい。
      ★グループ名 ★代表者氏名
      ★住所 ★電話番号 ★Eメール

      【申込・お問合せ】
      創るつながるプロジェクト
      070-6479-2927(へんみ)
      tsukutsuna@gmail.com


      【申込締切】
      2015/3/29(日)

      【公式HP】
      http://えんとつ.com/
      情報随時発信中!
      他のグランドオープン企画もチェック!
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | つくつな | 06:08 | comments(3) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 06:08 | - | - | -
        コメント
        tsukutsuna@gmail.com

        すいません。上記のアドレスに、エントリーの旨を送ろうと思ったのですが、「送信できません」と出てしまい、
        送信できません。

        どうしたら良いでしょうか。
        | くわばらかずや | 2015/02/25 11:09 AM |

        くわばら様
        大変お手数ですが、こちらにメールいただけますでしょうか?
        よろしくお願い致します。

        えんとつシアター
        entotsutheater@gmail.com
        | へんみ | 2015/02/25 5:17 PM |

        了解いたしました。
        ご迷惑おかけいたします。
        | くわばらかずや | 2015/02/26 1:33 PM |










        この記事のトラックバックURL
        http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/167
        TOP