演劇やダンスといった舞台表現をもっと身近に!新潟の魅力を発見したい!人や場所や表現をつなげたい!構成メンバーは新潟市内で活動する舞台人です。 「水と土の芸術祭2012」市民プロジェクトをきっかけに設立。2015年4月「新潟古町えんとつシアター」をオープン。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 新潟ふるまち、2月の美味しいイベント情報^^ | main | アレルギーもちの息子にもパンを! >>
    今週のインフル
    0
      こんばんは。土曜日担当の横山です。
      年が明けてもう1か月が経とうとしています。えんとつシアターも新年早々フルスロットルでフラメンコ舞踊、街あるき&ワークショップ、お笑いライブなどイベントを開催してきました。今日もりゅーとぴあ主催のワークショップが行われました。
      この後も目白押しでイベントを予定していますので、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

      さて、新年早々慌ただしい感じのえんとつシアターなのですが、私個人としては、実家関係の行事が多く、ちょっとえんとつからは離れてしまっていました。先週は法事もあったりしてけっこうバタバタと忙しく過ごしていたら、なんか体の調子が悪いんですよ。熱を測ってみると微熱ぐらいしかないんですが。具合がよくないなあと思いながら過ごしていたら、水曜日に急に大熱が出たんです。嫁が「インフルじゃないの?インフルじゃないの?」とものすごく警戒し、僕は隔離された状態でご飯を食べ、隔離された部屋で寝る羽目に。
      翌日、医者にインフルの検査をしてもらったんですが陰性で、でも医者は「いや、あんたはたぶんインフルだから薬出すよ、タミフルがいい?それともリレンザ?」、リレンザを持って帰って嫁に事情を話すと、「じゃ、結局インフルなの?インフルじゃないの?どっちなの?」と聞かれ、「検査は陰性で診断ではインフルじゃないんだけど、インフルが濃厚なんだ」「インフルなの?」「インフルじゃなかったけどたぶんインフル」という会話をしばらく繰り返し、結局その日も隔離されて過ごし、金曜日に仕事に行く時も「インフルなのに仕事行っていいの?」「診断ではインフルじゃないから行けるんだよ」「でも薬使うんでしょ(インフルなんだから)」と責められ、職場でも「陰性なので僕は職場に来ましたが、インフルの薬を処方されたので使います(そして早退します)」とよくわからない言い訳をして薬を飲んでいました。
      金曜日の午後、念のためもう一回医者に行って検査をしたところ「陰性」。
      医者は、「いやあ、この結果をみて僕はあんたはインフルじゃない気持ちが出てきたよ」と言われ、結局、僕はインフルエンザには罹っていなかったようでした。
      それにしては水曜の夜に出た熱はかなり高く、なんの熱だったんだろうと思うのですが、人生で初めてあの専用カートリッジで飲むリレンザを使う経験をして、すこし人生の経験値が上がったなと思ったのでした。

      すみません、そういうことで今日はえんとつの話も子供の写真もありません。文章のみです。来週は体調も回復し、えんとつ周辺の記事も書けるかと思います。来週にご期待ください。
      では。
       
      Posted by : 創るつながるプロジェクト | 横山泰之 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:50 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://tsukutsuna.jugem.jp/trackback/146
        TOP